都心にある高級タワーマンションの先駆けとなった場所

佃島の経緯は諸説あり元々、隅田川の河口に自然に出来た寄洲で、徳川家康は幕府を江戸に置くにあたり、本能寺の変の時に世話になった、摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区)の漁民約30名を江戸に呼び寄せました。その後1644年には、隅田川河口の三角洲を埋め立て島を作り、漁民達はそこに住むようになったと言われています。また漁に出られないときや漁船での食料として、保存のきくように塩で煮て、その後醤油によって煮られるようになったものを、地名から佃煮と名づけたとも言われています。

住所 中央区佃
営業時間 なし
休日 なし
電話番号
最寄駅 東京メトロ月島駅6番出口より徒歩5分
アクセス [羽田空港から] 東京モノレール「羽田空港第一ビル~浜松町駅」・・・JR京浜東北線「浜松町駅~有楽町駅」・・・東京メトロ有楽町線「有楽町駅~月島駅」
[東京から] JR山手線「東京駅~有楽町駅」・・・東京メトロ有楽町線「有楽町駅~月島駅」
[品川から] JR山手線「品川駅~有楽町駅」・・・東京メトロ有楽町線「有楽町駅~月島駅」
[上野から] JR山手線「上野駅~有楽町駅」・・・東京メトロ有楽町線「有楽町駅~月島駅」

佃島周辺のわがままツアーおすすめコース

佃島 TOP