1. 東京観光・ツアーは東京わがままツアーHOME
  2. エリアから探す
  3. 大森・羽田・蒲田

大森・羽田・蒲田エリア

大田区の大森・羽田・蒲田エリアは東京23区の中でも一番南に位置し、東側にある東京湾が埋め立てされたこともあり面積が60.42平方キロメートルと23区の中で最も広く、また人口は約69万人と23区で第3位となっています。
まず大森地区では商業が盛んなエリアで、大森駅を中心に繁華街が広がると伴に大手企業のオフィスビルなどが立ち並んでいます。その一方で大田区の中でも非常に歴史ある街で、そのはじまりは史跡や大塚貝塚の調査により先土器時代にまで遡り、以来多くの歴史的建造物があります。
次に、羽田地区は埋め立てにより建設された羽田空港を中心として物流の拠点となっていおり工業団地化されている一方で、昔からある漁師町の名残もあるエリアです。
そして、蒲田地区は蒲田駅を中心として大田区の行政機関が集中しており、これら公共機関をはじめ学校などが多くあります。また、映画『蒲田行進曲』でも知られる蒲田撮影所があった場所で、日本映画の発祥の地とも言われています。

羽田空港

羽田地区では、交通機関としての利用だけでなく観光スポットとしても羽田空港が人気が高くなっています。
例えば、第1旅客ターミナルにある無料の展望台デッキは飛行機のダイナミックな離発着が間近で楽しめるとともにアルコールもサーブするフードコーナーがあるため飛行機を眺めながらビールなども味わうことができます。
この他にターミナル内には各種カフェやレストラン、またモールがありますのでショッピングなども楽しむことができます。

蒲田行進曲

羽田空港からJR線及び京急線で約30分の蒲田地区では、映画『蒲田行進曲』の舞台となった松竹の蒲田撮影所の跡地に建てられた大田区民アプリコが観光スポットの1つとして有名です。
このアプリコの地下1階には蒲田撮影所の模型が展示されており、当時の様子を伺うことができます。
また、敷地内の公園には映画『キネマの天地』で使用された松竹橋のレプリカも設置されおり、この他に施設内には数々の催し物や飲食店も多くあります。

池上本門寺

大森地区では観光スポットの1つとして、羽田空港国内線ターミナルから京急空港線で2分とアクセスの良い池上本門寺が挙げられます。
この池上本門寺は日蓮宗の大本山で、1282年(弘安5年)に創設されて以来700年以上に渡る長い歴史があり、その為広い境内には多くの文化財があります。
例えば、戦災を逃れ関東最古の五重塔や宝塔などは国の重要文化財であるのをはじめ総門や96段ある石段は大田区指定有形文化財となっています。

大森・羽田・蒲田エリアのおすすめ観光地

大森・羽田・蒲田エリア わがままツアーおすすめコース

大森・羽田・蒲田エリア TOP